MENU

診療の特色

不妊症の方に

 僕は当帰芍薬散を処方する人が多い。

 相談にこられる患者さんの多くが西洋医学の不妊治療もされていますから、産科の先生からも内服してかまわないと評価されている漢方薬を選んだ方が無難でしょう。「立てば芍薬すわれば牡丹」といいます。当帰芍薬散は色白美人につかう漢方薬だと誤解していませんか。

 水滞血虚、つまり水があふれ、冷えて血が不足しているから色白になる。そんな女性は子宝に恵まれないから当帰芍薬散をつかいなさいという先人の教えなのです。

 当帰芍薬散が適応になる人は内臓が冷えていますから消化器の力も弱く、補気・補陽の胃腸薬を併用しないと補血の当帰が胃もたれや下痢を起こして飲み続けられません。

 僕は当帰芍薬散人参湯という組み合わせをします。