MENU

診療の特色

不眠症について

 正常な睡眠時間なんてありません。8時間眠らないと異常、そんな先入観は捨ててください。眠るのは体の自然な声であり、知性でコントロールするようなものではないのですから。

 不眠で困っている人は脳に異常があるわけではなく睡眠恐怖症の人が多いと思います。眠れなかったという記憶が想起されてとても不安になっている。

 人間はすぐれた記憶力を持っています。そのため人間であれば、だれでも負の記憶をため込み、それが想起される不安障害になる。その不安のターゲットが腸であれば過敏性腸症候群になり、心臓であれば動悸になり、睡眠であれば不眠になる。

 そんなとき西洋薬の眠剤に頼りたくない人は漢方薬を試してみてください。血を増やすことで不眠が改善する人がいます。 

 帰脾湯酸棗仁湯をつかいます。