MENU

待合室を彩った草花

どんな待合にしましょうか。
液晶パネルから癒しの映像が流れている。
この医院らしくない。
そこで季節の草花をかざることにしました。
患者さんの庭や畑から旬の草花を手折らせていただいたり、
家から医院まで道草しながら花材を摘んだり、
ごく普通の草花をフランス料理みたいにさりげなく器にのせてあげたら一品になる。

これは田んぼの畔に咲いていた紫鷺苔。小さな草なのに診察室の空気を浄化してくれる。

陽のあたる土手からふきのとうを掘り出しておく。2週間もすると紫色の蕗(ふき)の葉が伸びてきます。

3週間後こうなります。ふきのとうと蕗は同じ植物なのですね。こうして飾ることではじめて納得しました。

ボケは天然物よりも手折って室内で咲かせたほうが脆弱な美を生みます。