MENU

待合室を彩った草花

大鹿村の山に落ちていた枯れ木に和蘭を載せてみました。どちらも目立たない色だけれど見ているとホッとしませんか。

ミヤコワスレのピンクとブルーを小枝で編んだ三角の穴に落としてみました。

もともとこの壺には蒔絵が描かれていました。塩尻の患者さんが漆職人だったので黒一色に塗りなおしていただいたのです。

ヒメジョオンの花を手に載せてみてください。フェラーリよりも美しいと思う。