MENU

診療の特色

インフルエンザについて

 麻黄湯を処方する西洋医がいます。
 僕はこの対処に警鐘を鳴らしています。
 それはインフルエンザの大部分はすでに病位が表から裏に侵攻しているからです。
 インフルエンザは悪寒・頭痛・関節痛といった表証が目立ちますから病位はだけだと勘違いされている。しかし、脈診をしていますと
37.5℃以上に発熱しているインフルエンザなのに、半分以上の人が沈んで弱い脈になっています。
 こうした人は自覚症状がなくても胃腸が冷えていますから、麻黄湯を飲むと食欲が低下して下痢になってしまう。カロナールのような弱い解熱鎮痛剤ですら頓用にしないといけない。
 僕はタミフルなどの抗ウイルス薬をつかいながら、隠れている胃腸の不調をみきわめ、人参湯真武湯で胃腸を温めるようにしてあげます。