MENU

醫院の歳時記

僕の診療を支えてくれる
庭の樹木たちの四季。
自然のままに、
でも野放しではない庭。

僕は夏椿が大好き。
 清楚な白い花
 品のある幹肌
 奥ゆかしい橙色の紅葉

松本の郊外の古い苗木屋さんの裏山。
1年間かけて何回も足をはこびました。
選んだのは樹齢50年を超える夏椿12本。
いまではこの樹が石川醫院を見守っている。

7月のいまにも泣きだしそうな朝。国道から見える看板にはアイビーが這い上がっています。

欅がさわやかに芽吹く5月の医院正面。アスファルトの路面を落ち葉がそこらここらに舞うので、春のうちに庭師さんに枝を減らしていただきます。

庭には樹齢50年は経っているでしょう、12本の夏椿が清潔で静かな花を咲かせます。

手前がヤマボウシ、右に夏椿の秋。やさしい色合いからこの医院は奥ゆかしさをもらっている。