MENU

醫院の歳時記

サクラタデの薄紅から遊女の色香がただよう。

患者さんが秋をとどけてくれました。野菊とガマズミの赤い実が秋の陽に映えて静かな夕暮れになりました。

雪柳は真冬でも狂い咲くことがある。奥にみえるのは李朝の薬棚。左側に折れると点滴室が4つ。各部屋は障子で仕切られています。

薬棚を置いた角から3つ並んでいる診察室を見ています。黄色い菖蒲は母が好きでした。