MENU

はじめまして

診察室からながめる中庭です。
部屋に入ってくる患者さんにはしかみえない。
そんな視線が医者の顔ではなく
窓の外の四季のうつろいに向かったら、
僕の役割はほぼ終わっています。

春、美味しそうなこごみが芽吹き
夏、夏椿が清楚で静かな花を咲かせ
秋、その葉が奥ゆかしく紅葉し
冬、雪景色になる

こんな診察室で僕は手に触れをみて診断し
西洋薬に漢方薬を併用してあげる。

血液検査や画像でデジタル化した人間を
効率よく診断する。
それも大切なこと。
でも人間は時計じゃない。
だから時代遅れの「手あて」を大切にしたい。


西洋医学は理路で善と悪を線引きしようとします。
悪を取り除くの医療です。
発熱していたら解熱する。
感染はウイルスや細菌をやっつける。
癌は切り取ればいい。

東洋医学は理路で善悪の境界線を引くよりも
治るという事実を大切にしています。
悪を取り除くというイメージではなくて
温めたり血を増やしたり、
補うことで自然治癒を支えようとしている。

西洋医学は病を治そうとするでしょう。
東洋医学にとって治るとは自然からの「賜りもの」。
そんな西洋医学と東洋医学を融合したい。